魅力あふれる三鷹でマイホームを買う!
得意な種別ごとに不動産会社を紹介します

サイトマップ

三鷹で不動産探しNAVI HOME » 欲しい物件別 三鷹エリアのおすすめ不動産会社

欲しい物件別 三鷹エリアのおすすめ不動産会社

不動産には、土地、一戸建て、マンションなどといった「物件種別」と呼ばれる分類があります。それぞれの種別には、共通するポイント・注意点があるので事前に確認しておきましょう。

また各ページでは、種別ごとに、三鷹でおすすめの不動産会社を3社ずつ紹介しています。

土地を買う際のポイント・注意点

土地を買う時の最大のポイントは、希望するエリアに精通している不動産会社と取引をする、ということ。

中には、営業戦略として対応エリアを広く持っている不動産会社もありますが、買う側が求めるのは、まさに今自分が欲しいエリアの土地に詳しいプロフェッショナルからの提案です。

土地購入には、利便性だけではなく、地盤、都市計画法、土地代以外の出費等、その地域にまるわる様々な知識が必要です。地域限定型の不動産会社ならば、往々にしてこれらの専門的な知識が高いと言えます。

>>土地購入の仲介に強いおすすめ不動産会社を見る

新築一戸建てを買う際のポイント・注意点

新築一戸建てを購入するときのポイントには様々ありますが、極めて重要なのがその地域における取引実績。会社の規模や知名度などは、あまり重要ではありません。

その地域にどれだけ詳しいか、どれだけの取引実績があるか、その土地のデメリットをどれだけ知っているかなどなど、営業担当者や会社のレベルが露骨に出るのが新築一戸建てです。

また、各不動産種別の中でも、もっとも手続きや作業工程が煩雑なため、対応の迅速さも大きなポイントです。

>>新築一戸建ての仲介に強いおすすめ不動産会社を見る

中古一戸建てを買う際のポイント・注意点

中古一戸建てを購入する際の前提ですが、新築一戸建てに比べると「掘り出し物」が少ないのが特徴です。安いと思った物件には、安いなりの理由があります。高いと思った物件にも、高いなりの理由があります。

購入を検討している方が最低限注意しておくべきは、契約前に正確な情報収集をしておくことです。不動産会社の提案を受け入れるだけではなく、きちんと自分の視点を持って、すべて質問してみましょう。近々リフォームが必要にならないか(雨漏りトラブルが多い等)、心理的瑕疵はないかなど、事前に質問事項を用意しておきましょう。

>>中古一戸建ての仲介に強い不動産会社を見る

マンションを買う際のポイント・注意点

中古マンションは、ネットでも不動産屋でも、非常に多くの物件が紹介されています。ということは、逆に考えると、それだけ多くの人が「途中売却」をしているということでもあります。あなたも、もしかしたら将来、何らかの事情で「途中売却」をするかも知れません。

途中売却の可能性を否定できない以上、なるべく資産価値の下がらない物件(立地が良い、マンションの管理体制が良い)を選び、なおかつ売却しやすい大手不動産会社から買うことも重要です。もとより、住み心地や家族の希望が第一のポイントなのは言うまでもありません。

>>マンションの仲介に強い不動産会社を見る

不動産会社の選び方

1.不動産会社にも得意不得意が

不動産というものは、とても高い買い物です。持っている不動産を売却するのか、購入するのかどちらとしても安い買い物ではありません。

そのため、不動産会社選びが重要となってきます。

不動産会社といっても得意な分野、不得意な分野を持つ、様々なタイプがあり、会社によって何に強みを持っているのかに違いがあります。

例えば「マンション分譲」が強い、「戸建て」が強い、時には土地の売買に関しては深い知識と経験があります。など、会社によって特徴は様々です。

まず自分が不動産を売買する時に、「何を買いたいのか」をはっきりとさせ、その得意分野を持っている不動産会社を利用して購入することがポイントとなります。

「中古物件を買ってリフォームまでしたい。」という希望があるときに、リフォームに知識のない不動産会社ですと、購入者の希望に添えた不動産売買ができません。

しかし、得意・不得意を判断するのは素人目に難しいですよね。その場合は、自分の足で色々な不動産会社を歩いて探すのもポイントの一つです。後述しますが、不動産取引を行うときは、会社よりも担当者の力量も重要なのです。

そのため、たくさんの会社に出向いて、たくさんの担当者と合い、不動産に関しての購入や売却の希望を聞いてもらうのが、1番の早道かもしれません。

2.担当者の営業力

不動産に関しては、良い不動産会社と評判だったとしても、その会社のどんな担当者さんが対応するかによって成果が変わってきます。

大手であろうと、地域密着型の小規模なお店であろうと、その担当者の力量によって、良い物件を安く購入できるのかは変わります。

それではどんな営業担当者が力量のある担当者と言えるのでしょうか。

課題解決能力

不動産の購入に伴って、その物件の良し悪し、立地、価格などいくつかの課題が出てしまうのはしょうがないことです。

時には、予算の面から自分の希望を叶えられずに断念することが出てきます。そんな課題が見つかった時に、担当者が柔軟な考えを持って、課題をクリアできるかは大切なところです。

こちらの希望は何一つ叶えられず、柔軟な考え方ができない場合は、他の会社の担当者も含めて、色々なところに出向いてみるのもポイントです。

一つの不動産会社で安易に契約しないことは大切です。

不動産への知識

また、紹介された物件に対して、記載されている情報以外の情報もしっかりと把握していることが大切です。

不動産を購入するという目的には、資産として、自分が住むため、税金対策など、様々な理由がありますが、その購入者のニーズにしっかりと答えるために、不動産の知識が充実していることが大切です。

例えば、中古の一軒家の不動産を購入する場合、必要なのはその家の情報だけではありません。近くにはどんな交通機関があって、商業施設はあるのか、コンビニは、学校も近くにあって充実しているのかなど、周辺地域の情報も含めて、自分が住むために必要な情報を持ち合わせているかは重要なポイントです。

さらに、個人での購入希望者の場合は、不動産に関する知識が乏しい人がほとんどです。そんな知識薄さを埋めるための情報や、知識を担当者が持っている、ということが重要なのです。

担当者と話しやすいか

不動産購入は、人生を左右するほど影響を及ぼすものです。一生住むかもしれない家の売買契約を進めて行く場合に、自分の言いたいことが言えないというのは、あまり良いことではありません。

特に不動産の知識が少ない場合は「そういうものなのか。」と担当者が言われるままに、契約が進み、自分の希望があまり通らないまま購入するケースもあります。

強引な担当者であれば、「売れて手数料が入れば良い」ということから、どんどん先に話を進めていく場合もあります。

そのように、自分が何も言えない担当者であれば、あまり良い担当者とは言えないでしょう。自分の意見が言いやすい、ウマがあう担当者と出会うことも不動産売買には大切なことです。

3.両手取引、取引に対する姿勢

利益至上主義である会社は、なるべく避けたほうがいいでしょう。

不動産は仲介業です。両手取引といって、購入者側と販売者側の両方から仲介手数料が入るような取引も存在します。もし売主と買主側の間に不動産会社が1社しか存在しないのであれば、売主側の価格と買主側の価格のバランスを取るために、購入側の大きな値引きは難しいかもしれません。

ただし、このような間に1社しか入らない場合はもちろんあります。問題は、その担当者や不動産会社の取引姿勢がどうかということです。

両手取引の場合は、取引スピードが上がるので、そういう意味では効率的なのですが、両方の手数料が入るので、悪徳なところは契約さえしてしまえば、という考えのもと安易な取引となってしまう場合もあります。

きちんとこちら側の購入条件や調整を、親身になって行ってくれる会社や担当者を探すことが大切です。

4.悪徳業者の特徴

あくまでも一例ですが、悪徳業者の特徴についてご紹介します。全てに置いて悪いという訳ではありませんので注意しておきましょう。

しっかりとした宣伝されていない会社

良い不動産屋さんは、不動産に関する宣伝がきちんとなされている場合が多いです。

チラシやインターネット、現在では様々な宣伝方法がありますが、きちんと購入希望者の元へ情報が届くように、しっかりとした広告・宣伝が必要です。

きちんと宣伝がなされていないと、売りたい側の物件をアピールできません。良くない不動産会社はこのしっかりと宣伝がなされていないことがあります。地域密着型で、足で動いて良い物件を探す場合もありますが、宣伝がされているところにはメリットも多いです。

ただし、おとり広告といって、安くお得な物件をチラシで見せておいて、実際にいってみるとその物件は契約済、希望でなかったものを進められることもありますので、そこは注意しましょう。

強引な営業

一部の悪徳業者はですが、商談の時にしつこく勧誘されたり、夜中など時間を考えずに営業の電話をしたりと、少々強引な営業方法をとっているところもあります。不動産という大きな買い物だからこそ、こういった信用のおけない不動産会社からは購入しないようとしたいところです。

「人気物件なので、、、」「他の方も契約されそそうで、いまなら、、、」などという、契約を急がせるような営業をされる場合も注意しておきましょう。もちろん、本当のこともありますが、納得ができていないときに、人気だからと契約を決めてしまうと、後でほころびが見えた時に、後悔することもあります。

そのため、強引な営業をされてもしっかりと断る、保留するという対応ができることは大切です。

売却物件の情報の囲い込み

こちらは購入というよりは売却する時に大切なところですが、通常不動産会社に不動産の売却を依頼する場合は、不動産会社のネットワーク(レインズシステム)へと登録するのが一般的です。

そうすることで、様々な不動産会社を通じて購入者を見つけることができるので効率的だからです。しかし、悪徳な会社の場合、自社で売れそうな物件は、情報を囲い込んで売ろうとするので、効率が悪く時間がかかってしまうことがあります。

なかなか売れない物件は、価格が下がってしまい、通常よりも安い価格で売らなければならない場合もあります。この不動産会社のネットワークへと登録するのは、法律で決められていることですので、しっかりと確認しておきましょう。

不動産購入後にかかる費用について

不動産の購入は、大変大きな買い物です。購入時には、税金や手数料など、多くの費用がかかります。さらに不動産はそれを維持するために、購入後にも費用がかかってしまいます。

今後無理のない支払いを行うためにも、購入後にかかる費用について知っておけばいざというときに慌てなくて済みますよ。

長いお付き合いになる住宅ローン

住宅ローンは最長で35年、人により期間は異なりますが、おそらく多くの方が長い期間支払い続けなければいけないものです。

ローンを支払うということは、それにともなう金利も支払っているということ。不動産購入後には、ぜひ家計の見直しを行ない、繰上げ返済を行うなどして、ローン金利の負担を減らすように心がけましょう。

繰上げ返済は元金に対する返済になるため、繰上げ返済を行うことで、元金にかかっている利息分を減らすことができます。

繰上げ返済に関しては、取り扱っている金融機関によって手数料がかかってしまうこともあります。繰上げ返済に手数料が必要なのか、いくらから可能なのか、といった項目については、しっかりと事前に確認しておくようにしましょう。

家計を圧迫する可能性もある税金

不動産を購入すると必要になるのが税金です。「固定資産税」「都市計画税」が必要になります(「都市計画税」は必要のない地域もあります)。購入後、毎年支払いを行うことになります。

新築の住宅を購入した場合は軽減措置がありますので、一定期間は半額に軽減されます。軽減期間は、マンションは5年間、戸建住宅は3年間です。軽減期間が経過すると、半額ではなくなりますので、固定資産税が高くなったと感じてしまうかもしれません。

固定資産税の評価額は3年ごとに見直され、建物の場合は築年数が経過すれば評価額も減って行きます。しかし、土地に関しては周辺の変化等によって、評価が上がることもあります。

マンションは毎月支払う管理費・修繕積立金

マンションを購入すると、毎月支払うことになるのが管理費・修繕積立金です。マンションに住み続ける限りずっと払い続けることになるお金なので、購入前に把握しておく必要があります。

管理費

マンションには、個人で使用できる専有部分とマンション住居者が使用する共有部分があります。管理費はこの共有部分の維持のために使用されます。

金額は多くの場合、それぞれが所有する占有面積によって決定されるため、同じマンションに住居している人でも、金額が違うことがあります。

管理費はマンションに住み続けることで、マンションの保険料、マンションの設備費用の変化等によって、値上がりする可能性があります。

修繕積立金

修繕積立金は、マンションの修繕のために積み立てるお金で、マンションの点検や修繕に使用されるお金です。そのため、マンションが老朽化して行くと修繕積立金の額も上がって行くことがあります。

また、マンションの大規模修繕工事などを行う場合、一時金を集金することも考えられます。

管理費・修繕費は、マンションの資産価値を下げないためにも必要な経費です。マンションを購入した方は、避けることができない費用でもありますので、購入前には支払い計画に無理がないかの確認が必要です。

車を所有している方は駐車場代がかかることも

戸建住宅を購入した方は、車の駐車スペースを確保していれば必要のないお金ですが、マンション購入の場合は、駐車場代も必要になってきます。

家族で数台の車を所有している場合、マンション駐車場が使えなくなる可能性もありますので、周辺の駐車場の相場を調べておくと良いでしょう。

戸建住宅もいずれリフォーム修繕が必要に

戸建住宅を購入した場合も、リフォームや修繕が必要になる可能性があります。キッチンやお風呂の水回りの故障、電気関係のトラブルなど、長く暮らしている間に何らかのトラブルが発生する可能性はあります。

長く暮らすためにも、リフォームや修繕の費用も計画的に準備をしておくと安心です。

地域密着の不動産会社

コンテンツ一覧