魅力あふれる三鷹でマイホームを買う!
得意な種別ごとに不動産会社を紹介します

サイトマップ

三鷹で不動産探しNAVI HOME » 不動産購入ガイド@三鷹 » どっちが良いの?賃貸VS持ち家

どっちが良いの?賃貸VS持ち家

賃貸がいいか持ち家がいいのか、様々な議論があります。

実際にはどちらにも一長一短がありますし、当事者のライフスタイルによっても左右されますが、この記事では一般的に論じられる賃貸と持ち家のメリット・デメリットをご紹介していきます。

特にこれから持ち家を買おうとしている人は、本記事の内容を参考にしてください。

賃貸のメリット

洋風の集合住宅

初期コストが安い

持ち家を購入するには、前もってかなりの金額を用意しなければなりません。

しかし賃貸物件は、持ち家に比べて非常に安い初期コストで入居することができます。敷金・仲介手数料・礼金・保証金などを考慮しても、持ち家より低い金額で済んでしまうことが多いのです。

元々家賃の安い物件を選べば初期コストを安くできるのはもちろんですが、他にもコストを下げる手段が色々と用意されています。

例えばUR賃貸住宅は、礼金・仲介手数料・更新料・保証人不要で借りられる賃貸物件です。

入居後の一定期間賃料が発生しないフリーレントも、初期コストを安くできる物件として人気があります。

お金がかからないということは、他にお金を使えるということでもあります。浮いたお金で豊かな生活を送ったり、貯蓄に回して将来に備えたりすることができます。

物件数が多い

賃貸物件はそうでない物件に比べて物件の数が多く揃っています。

これはつまりユーザーの選択肢が多いということです。

広さを重視するのか、家賃を重視するのか、駅徒歩を重視するのかなど、自分自身の収入やライフスタイルによって物件を選択できます。

持ち家でもこれらを叶えられるのですが、土地の少なさなどが災いして、全てを自分の望みどおりにするのは難しいのが現状です。

引っ越しが簡単

持ち家を買った後で引っ越すのは色々と大変です。

しかし賃貸物件の場合、深く考えなくても引っ越しができます。

ご近所トラブルに巻き込まれた等の場合でも、持ち家より簡単に引っ越して人間関係をリセットできるのです。

新しい物件に住める

当たり前のことですが、持ち家は年々古くなっていきます。

賃貸物件も住んでいくうちに築年数が経っていくのですが、築年数の新しい物件に移り住むことで、常に新しい物件を楽しむことが可能です。

例えば築年数を10年以内の物件のみを狙って引っ越しを繰り返せば、直近のライフスタイルにかなりマッチした物件に続けて住むこともできます。

賃貸のデメリット

家賃や更新料の支払い

賃貸物件では、毎月家賃を支払う必要があります。

持ち家でもローンを完済するまでは毎月の支払いがありますが、完済してしまえばその物件は自分のものになります。

しかし賃貸物件は、どれだけ家賃を支払っても自分のものになりません。

また、多くの賃貸物件は2年に1回程度、家賃の数ヶ月に相当する金額の「更新料」を支払う必要があります。

賃貸物件に住み続ける限り、たとえ収入がなくなってもお金を支払う必要があるので、収入がなくなる年代になると毎月の負担が大きくなってしまいます。

自分の好きにカスタマイズできない

賃貸物件は借りている物件なので、厳密に言えば釘一本打てません。画鋲で柱に穴を開けることも本来的には禁止されています。原状復帰義務があるため、退去時には入居時と同じ状態にして引き渡ししなければならないのです。

住居を自分の好きにカスタマイズできないので、場合によっては多少の不便を感じながらでも生活を続けなければなりません。

持ち家のメリット

大きな一戸建て

自分の資産になる

賃貸と違い、持ち家は自分の資産です。自分のお金が住宅に変わったと思ってください。

家の価値は年々目減りしますが、それでも自分の資産であることに変わりはありません。いざという時には売却して現金化することも不可能ではないのです。

賃貸物件はいくらお金を支払っても自分の資産になりません。むしろ家賃を支払うことで、自分の資産がどんどん減っていきます。

家を自由に改造できる

持ち家は自分のものなので、自分の好きなようにカスタマイズして構いません。

内装を大きく変えるのはもちろんのこと、壁を取り払って部屋を繋げてもいいですし、建て替えをしても問題ないのです。

賃貸ではライフスタイルやライフステージに応じて引っ越すことで自分にピッタリの物件に住むことができますが、その場合は住所が変わるというデメリットがあります。

しかし持ち家では、住所を変えることなく家を改造して、ライフステージやライフスタイルに合わせることができます。転居によって子供の学校を変えたり仕事を変えたりせずに済むのです。

いつまでも住み続けられる

持ち家は自分のものなので、ローンを返済すればそこに住み続けることができます。

老後に収入がなくなっても自分の家があるというのは、それだけで安心感が違います。

「いつまでも」というのは親子2代3代通じてのことです。その土地に根ざして生きることができますし、子供や孫が家賃を支払わなくていいというメリットもあります。

一方、賃貸は老後に収入がなくなって家賃を滞納した場合、最悪追い出される可能性があります。露骨に「老人お断り」という物件すらあるので、注意が必要です。

相続で有利になる

相続の場合、現金より不動産の方が相続税上有利になります。

3,000万円で家を買ったとしても、相続時の家は3,000万円と評価されず、安い金額で評価が行われます。「小規模宅地の特例」などを組み合わせば、更に大きく相続税を減らすことも不可能ではありません。

持ち家のデメリット

初期コストが高額

持ち家を購入する際に問題なのが初期コストです。

頭金はもちろんこと、登録免許税や印紙税、不動産業者への手数料など、多くのお金が必要となります。

全てをローンで賄うフルローンを使えば自己資金を少なくできますが、そうすると今度はコーンの総支払額が高くなってしまいます。

入手に対する金銭的なハードルが高いのが、持ち家の大きなデメリットです。

ローンの問題がある

多くの人は、持ち家を手に入れる際に住宅ローンを利用します。

この場合、まずローンの審査に通るかどうかという問題があります。審査に通らなければそもそも持ち家を購入することができません。

無事ローンの審査に通っても、今度はローンの支払いという問題が残ります。毎月のローンを返済しなければ、せっかくの持ち家を失う可能性もあるのです。

将来収入が少なくなってもローンを返済できるように、事前のしっかりした計画が必要となります。

維持管理の手間がある

賃貸物件は、共用部分については管理会社が管理をしてくれます。外壁の補修や塗装、雨漏りの修理などに気を使う必要はありません。水道トラブルについても対応してくれます。

しかし持ち家の場合、すべてを自分で管理しなければなりません。壊れたところの補修、水道の詰まり、雨樋の破損や詰まりなど、トラブルの種類は多岐にわたり、その都度最適な業者に依頼するか、自分で直さなければならないのです。

引っ越しが難しい

持ち家に1度住むと、どうしても引っ越しが難しくなります。引っ越す場合に持ち家を売るのか、貸すのか、売るとしても買い手がつくのか、貸すとしても借り手がつくのかという不安がつきまとうのです。

せっかく多くのコストをかけて手に入れた持ち家を手放すのは、心理的にも経済的にも大きな痛手です。賃貸のように気軽に引っ越すわけにはいかなくなります。

まとめ

持ち家と賃貸のどちらがお得かは、個人の考え方に関係する部分も大きいので、簡単に判断することができません。

一般的に考えれば、初期コストや身軽さを考えるのであれば賃貸がお得です。

しかし、自分の資産状況や家のカスタマイズ性、相続などを考えれば持ち家がお得になります。

これらを踏まえて、後悔のない選択を行ってください。

地域密着の不動産会社

コンテンツ一覧