魅力あふれる三鷹でマイホームを買う!
得意な種別ごとに不動産会社を紹介します

サイトマップ

住みやすさについて

家を建てるに及んで、通勤や通学の利便性、ショッピングスポットの充実などは、もちろん大事な要素。

しかし、人はやがて年を取ります。定年退職を迎えてから、また長い第二の人生が待っています。

そんな人生という長い尺度をもって三鷹を眺めてみると、この街は魅力ばかりだということがわかるでしょう。

三鷹がこんなにもアクセスが良かったとは!

三鷹から新宿まで最速13分。意外に早いということは、実はよく知られていることでしょう。また、隣駅が吉祥寺なので休日を楽しく過ごせるということも分かると思います。

実は三鷹のアクセスに関する魅力は、これらだけではありません。

三鷹は、総武線と地下鉄東西線の始発駅であることをご存知でしょうか?

総武線(三鷹行き)の画像始発駅の最大のメリット、それは「座って出勤できる」こと。

三鷹に住めば、今後、定年退職まで毎日「座って出勤できる」のです。もちろん、座れば仮眠もできます。サラリーマンにとって夢のような話ではありませんか?

そして、帰りの総武線は三鷹行きが終電。

1日の最後の最後まで三鷹市民は優遇されているわけですから、これを逃したら諦めもつくでしょう。

さらに、三鷹はバス王国。駅からは関東バス・小田急バス・西武バスが様々なところへ向かって出発しています。三鷹・吉祥寺の循環バスまであります。

「日本子育て支援調査」で日本一に選ばれた三鷹市

文教のイメージ画像第三者機関である「にっぽん子育て応援団」によって、東京都三鷹市が、日本で最も子育て支援の充実した街として選ばれました。

情操教育に向いた環境の良さもさることながら、たとえば、両親がやむを得ない理由がある時に利用できる「子供ショートステイ・緊急一時保育」。

これは、最長で7日間、子供を預かってもらえるサービスです。

また、保育の質を高めるための全体的な動き、小中一貫教育の強化(小中の教員が兼務)、学校の緑化推進などなど、市全体で教育に力を入れていることがわかります。

もちろん、文教地区として知られる三鷹なので、市内には多くの市立・私立学校もあります。

安心できる環境で子供の才能を最大限に発揮させるため、市も民間も協力して努力している街。それが三鷹なのです。

充実の医療体制!総合病院から小児科クリニックまで

三鷹の医療機関の充実ぶりも高評価です。杏林大学医学部付属病院、三鷹中央病院、井の頭病院など、高度医療を提供する総合病院がある一方、個人クリニックの数も非常に多いと言われています。

眠る赤ちゃんを抱く母親の画像個人クリニックでは、とくに小児科が多いのが特徴。

全国的な医師不足が深刻化する小児医療において、三鷹は子育ての街ならではの逆転現象を起こしています。

お子さんをもつパパさん・ママさんにとって、これはとても安心できますよね。

まとめ~三鷹のデメリットを避けて三鷹に住む~

以上、三鷹の魅力を見てきました。

ちなみに、ここでは良い面ばかりを取り上げてみましたが、三鷹とはいえ完璧な街、というわけではありません。デメリットもあります。その最大のものが、最近の駅前の雰囲気です。

デメリットとは言えないかも知れませんが、三鷹駅前には、近年、高層マンションが林立し始めています。閑静な住宅街が中心だった三鷹が、駅前に関しては人が増えすぎ、少々ざわついてきた感があります。

住むための街としての魅力を十分に残しているのは、駅前よりも、むしろ外周の住宅街。子供を健やかに育てられ、かつ大人も穏やかに過ごしていけるのは、三鷹駅から少し歩いた、一軒家の多い住宅街のほうなのです。

>>三鷹市内で家探し中の方必見!地元民の評判が高い不動産会社3選を見る