魅力あふれる三鷹でマイホームを買う!
得意な種別ごとに不動産会社を紹介します

サイトマップ

三鷹で不動産探しNAVI HOME » 三鷹の住みやすさを徹底解説! » 三鷹は子供の教育に適した環境?

三鷹は子供の教育に適した環境?

三鷹市の教育への取り組みとして特徴的なのは、中高一貫教育でしょう。

これによって三鷹市は、小中学生の大幅な学力向上に成功し、全国から視察が相次ぐ状態になっています。

従来の小学6年制、中学3年制の抱える問題の一つとして、中学校へ入学した途端に授業のレベルがぐんと上がり、ついていけなくなる生徒が出てくるという問題がありました。

三鷹市はこれに対し「ゼロから15歳までの連携教育」を確立して対応。小中学校ともに同じ教師が兼任することで、小中学校間のギャップの解消に成功したのです。

また三鷹市は平成28年3月に三鷹市教育ビジョン2022の第1次改定を策定しました。これによって三鷹市は、学校を中心としたコミュニティづくりを目指しています。

「小中一貫教育」への取り組み

ここでは、三鷹市の中高一貫教育について詳しく解説していきます。

三鷹市が中高一貫教育を取り入れたのは平成18年のことです。

そしてこの中高一貫教育には、コミュニティ・スクールの理念が深く関係しています。

三鷹市では、すべての学校に「学校運営協議会」が設置されています。

この協議会は、9年間の義務教育における生徒の健やかな成長と発達をねらいとするものです。

また、学園には三鷹市教育委員会から任命された委員によって構成される「コミュニティ・スクール委員会」があり、保護者や地域の人びとが学校の運営に積極的に参画できる仕組みを作り上げています。

また三鷹市はこれらの仕組みの中で、小学生と中学生が互いに関わることのできる縦の交流も重視しています。

小学生が中学校の部活に参加する、ボランティア活動の中で中学生が小学生を世話するなど、兄弟姉妹が少なくなった現代社会で失われがちな違う年代の子供との交流を通して、社会的役割を学ぶ機会としているのです。

近年、三鷹市以外の自治体の中にも中高一貫教育を取り入れようとするところが増えてきていることから見ても、三鷹市の中高一貫教育が優れたものであることがわかると思います。

三鷹市の小学校、中学校一覧

ここでは、三鷹市内の主な学校名、住所、通学区域についてまとめていきます。

小学校

第一小学校

住所 三鷹市新川六丁目4番32号
通学区域 下連雀一丁目全域、二丁目全域、三丁目1~14番、四丁目1~10番・13・14番、五丁目5・6番 、六丁目全域、七丁目全域、八丁目1~2・4~10番、九丁目全域
上連雀八丁目1~17・19~27番、九丁目2~14・16~18番
新川六丁目22・28番・29番(9~21号)・30~37番・38番(1~18号)
野崎一丁目1~13番・15番・16番(3~18号)

第二小学校

住所 三鷹市野崎3丁目19番1号
通学区域 上連雀九丁目19~21・24~38・41~43番
大沢三丁目10番20・30号・11番・12番
井口全域、深大寺全域、野崎一丁目14番・16番(1・2・19~22号)・17~24番、二丁目全域、三丁目全域

中学校

第一中学校

住所 三鷹市下連雀9丁目10番1号
通学区域 下連雀一丁目全域、二丁目全域、三丁目1~14番、四丁目1~10番・13・14番、
五丁目5・6番、六丁目全域、七丁目全域、八丁目1~2・4~10番、九丁目全域
上連雀八丁目1~17・19~27番、九丁目2~14・16~18番
新川六丁目22・28番・29番(9~21号)・30~37番・38番(1~18号)
野崎一丁目1~13番・15番・16番(3~18号)

第二中学校

住所 三鷹市野崎3丁目14番1号
通学区域 上連雀九丁目19~21・24~38・41~43番
大沢三丁目10番20・30号・11番・12番
井口全域、深大寺全域
野崎一丁目14番・16番(1・2・19~22号)・17~24番、二丁目全域、三丁目全域

関連して読まれるページ

三鷹の子育て環境は?
三鷹は医療や福祉環境が充実してる?
三鷹の公共施設や公共サービスについて知りたい
三鷹って買い物に便利なの?
三鷹で人気のお出かけスポットが知りたい!